So-net無料ブログ作成

未来予想図 [読書]

  先日、退院しましたが、白血球数が回復するまでは外出は控えるようにとのことなので、自宅で本を読んだり、体操をしたり、音楽を聴いたりして過ごしています。新型コロナウイルスの感染が拡大しているので、インフルエンザも含め人混みに出ない生活は丁度良いかと諦めています。


 入院中に読んでいた P.モーランド『人口で語る世界史』(渡会圭子訳 文藝春秋)に日本に関する記載がありますが、日本の特徴として


 <日本はいくつかの点で他の国とは違っている。アメリカや西ヨーロッパは差し迫った人口減少を、第三世界(西ヨーロッパの場合は東ヨーロッパからも大量の移民が流入している)からの移民である程度補い、それが人口の民族構成に影響を与えている。>


 <日本と西洋のはっきりした違いが移民ならば、日本とロシアのはっきりした違いは平均寿命である。ロシアの人口が減少している要因は、高いままの死亡率と低い出生率だが、日本の場合、平均寿命の延びが出生率の低さを相殺して、人口減少は遅れている。今後も日本人の平均寿命が延び続けなければ、人口減少は速まるだろう。日本は民族的にはほとんど同質だが、どんどん老いているということだ。>


 <今世紀半ばには、日本の人口は八千万人(現在の三分の二未満)まで減少する可能性がある。>


 極限の少子高齢化社会がどんな姿なのか・・・、年金制度の破綻、医療・介護保険制度への負担、地方社会の消滅、GDPの低下、3K仕事は高齢者、AI・ロボットの進出、移民の受け入れ、国の形の変質・・・いろんな可能性が思いうかびますが、こんな時こそ先を見据えた有能な政治の舵取りが望まれます。


 明日から2月、立春も近くなって気分も少し明るくなります。





nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

入院中の読み物 [読書]

  まだ入院中ですが、外泊で自宅に帰っています。明日の検査結果が問題なければ近日中に退院の予定です。治療後数日間は体がだるく、吐き気もあって沈んだ感じですが、1週間もすれば回復しました。


 夕食が過ぎると、朝までが長く、時間を持て余しますが、本を読む気力もなく、ただただ寝ていましたが、ここ数日、P.モーランド『人口で語る世界史』(渡会圭子訳 文藝春秋)を読んでいます。昨年末の新聞の書評欄でみかけた本です。人口の増減、出生率、死亡率、移民といった因子で分析した歴史の解釈で、興味深く楽しめます。ブリテン、ドイツ、フランス、ロシアなどの人口増加の規模と時期のずれが、各国に恐怖心を与え、時代が動くさまが詳細に語られています。


人口で語る世界史

人口で語る世界史

  • 作者: ポール モーランド
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/08/29
  • メディア: 単行本
  以前、河野稠果『人口学への招待』(中公新書)を読んで、「人口」というもののおもしろさを教えられましたが、今度の本は各論的で具体的なだけに、日本が人口減少時代に突入し、毎年、ひとつの地方都市が消滅するのと同じような感じになっている現状に、どうなるんだろうと不安になります。もう少しさきのページに日本の分析があるので興味が持続します。
   はれて今週は退院かな・・・。

nice!(11)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

紀ノ川の流れ [読書]

  ここ数年来、様子をみていた病気が、そろそろ治療したほうがいいだろうということになって、正月休み明けから入院しています。今日は連休で外泊になりました。検査も終わり、来週から治療です。


 この間から朗読を聞いていた有吉佐和子『紀ノ川』(新潮文庫)が読了になりました。高校生のころ(1964年)連続テレビ・ドラマで観た記憶があります。南田洋子が主演でした。和歌山の人はこんな喋り方をするのかと、方言が印象的でした。十年ほどまえ、古い映画化(1966年)されたものもDVDに録画して観ていました。こちらは主人公を司葉子が演じていました。


 原作の小説はなんとなく手にする機会がありませんでしたが、ふと読んでみる気になりました。東から西に流れる紀ノ川の上流、九度山の慈尊院の石段を上がる祖母(豊乃)と孫娘(花)の場面から始まり、花が船に乗って下流の六十谷の真谷家に嫁いでいくながれは流麗で、著者三十代の作とは信じられないほどです。


 島崎藤村『夜明け前』が幕末から明治にかけての男系の家の物語であるのに対し、『紀ノ川』は明治から昭和戦後にわたる女系の家の物語です。豊乃から花、そして文緒から華子へと連綿と続く血脈が綴られます。


 結末近く、没落のなかで花の言葉は痛烈です。


 <花は大きな入歯を口からはみ出すようにして、皺の中に笑いを展げ、/「そやよって、農地解放のときは私は嬉しかったんよし」/と云うのだった。/「これで真谷の家はどないしても建て直しがきかんようになったのや、御先祖さまに申訳する必要はないのや、そう思うたら、これまで一生懸命やったことが無駄になったというよりは、心が隅々まで晴れ晴れして、文緒、文緒て、大声あげて呼びたかった・・・・・。>


 慈尊院へは何度か出かけたことがあります。安産、授乳、育児のために捧げられた白い布でできた乳形が並んでいます。境内から高野山まで続く町石道が始まっています。お寺の前には紀ノ川が流れています。わが家を考えてみても、日本社会はやはり女系なんだろうなと納得させられます。


 

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

寂聴さんの源氏 [読書]

   四ヶ月ほどまえから、家内が瀬戸内寂聴訳『源氏物語』(講談社文庫)を朗読しているので聞いていましたが、昨日、やっと読了しました。十数年前にわたしがいつか読もうと買っておいたのですが、一冊だけ読んで、そのままになっていました。ちなみに三十年以上前に買った谷崎潤一郎訳は手付かずのままです。


 朗読を聞くというのは、平安時代でも『源氏物語』を楽しむ一般的な方法だったんじゃないかと思います。書き写すのには、高価な紙が膨大な枚数必要で、労力も大変です。黙読より朗読を何人かが一緒に聞くというのが普通だったような気がします。


 最初は光源氏や頭の中将のはなしですが、だんだんと紫の上の立派さが印象的になります。周辺の女房や仕える人たちの様子がリアルで、物語のおもしろさを引き立てます。重要な場面の小道具に猫が使われたりします。


 最後の宇治十帖は光源氏の孫の世代のはなしになりますが、薫の君と匂宮のはざまで苦悩する浮舟の挙動が強くこころに残ります。これは確かに千年経っても古びない物語だと実感されます。記憶喪失から徐々に回復してきた浮舟は、意思強く剃髪し尼になる。


 そういえば寂聴さんも尼僧だったと思い当たります。あとがきのようなところで「私はここに来て、はじめて作者自身も、出家しているだろうと感じた。」と書き、紫式部は後年になって宇治十帖を「自分のために書いたのではないかと思う。」と記しています。


 それにしても紫式部と清少納言が同じ時代の空気を吸っていたというのは、興味深いことです。何にでも、そんな火山の噴火のような時期があるようです。




nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「だらしない」と「ふしだら」 [読書]

   サンザカ(山茶花)がサザンカになったように、語順が入れ替わった言葉(倒語)はいろいろあるようです。堀井令以知『ことばの由来』(岩波新書)を見ていると、「だらしない」は「しだらない」からきているとのことです。そして「ふ しだら」という言葉とも関係があるそうです。


 では「しだら」とは何か? これには諸説があるようです。神楽などで手拍子のことを「しだら」と言うそうで、それが転じたという説。また、サンスクリット語の経典という意味のスートラ(修多羅)からとの説。著者は「締まり」のことであると見るのがよいと書いていますが、文献的な根拠は示していません。また一方、自堕落からきたという説もあります


 関係ないかもしれませんが、「設楽」というマラソン選手がいます。「したら」とよみます。地名にも設楽という場所が愛知県にあります。この「したら」はどんな意味なんでしょう? 漢字をみると何か音楽に関係がありそうな字面ですが、不明です。


 「しだらない」と「ふしだら」、ともに規範から外れている状態・・・拍子のない音楽も規範からはずれて、だらしない? 


 「しだらない」という言葉はそんなに古い言葉ではないようですが、だんだん成り立ちが分からなくなります。ただ、「だらしない」が「しだらない」から変化したというのは確かなようです。


 設楽選手はしだらなくはなく頑張っているようです。また走る姿を観戦したいものです。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サザンカの咲く道 [読書]

「さざんかさざんかさいたみち」という童謡があります。サザンカといえば赤い花を思い浮かべますが、杉本秀太郎 安野光雅『みちの辺の花』(講談社学術文庫)を見ていると


 <白い花がうとんじられて、色花がこのまれるのは、はたして趣味の改良だろうか。赤い山茶花(さざんか)も、赤い山査子も、白い山茶花、白い山査子に数等劣るように思えて仕方がない。・・・露骨に人為の加わった新品種の花を見ても心がときめかず・・・>とあります。サザンカはもともとは白い花だったんだと知りました。そして・・・


 <『芭蕉俳諧七部集』のとっかかり『冬の日』の真っ先に置かれた歌仙、芭蕉の発句につづく野水(やすい)の脇句にとび散る山茶花が赤かったら、あの歌仙はそこでもうおしまい。>と続き


   狂句こがらしの身は竹斎に似たる哉 芭蕉

   たそや とばしる かさの山茶花    野水


 < やぶ医者のなれの果ての狂歌師竹斎に似たようなわたくしながら、どうかよろしくという芭蕉の挨拶に、野水があるじ格として応じるーー山茶花の花が笠のうえにぱさりと音立てて散りぢりになる木枯らしのなか、笠傾けて、いそぎ足でお越しになった客人はどなたでしょう、と。これが当節の赤い山茶花などであってはたまらない。> とのことです。


 ところで金田一春彦によれば、サザンカは漢字では山茶花と書くように、山に咲くお茶の木に似た花という意味なので、サンザカであったものが、ひっくり返ってサザンカとなったそうです。昔、アラタシといっていたことばを、今ではアタラシというのと同じとのことです。また、和歌山県の方言にはこの傾向が顕著で、トサカがトカサ、カラダがカダラ、などという例を引用しています(『ことばの歳時記』新潮文庫)。


 最近はたきびというものはあまり見かけません。落葉もゴミになって捨てられます。焼き芋はスーパーで買うものになっているようです。せめて白いサザンカの咲いている道でも見つけられればいいなと思います。



nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

鞍馬天狗のおじさん [読書]

  小学生のころ鞍馬天狗の映画を何回か観て、嵐寛寿郎という名前を覚えました。ピンチになると拳銃を撃ち、颯爽と馬で駆け、「日本の夜明けは近い」とのたまう。「鞍馬天狗」シリーズは全 40作もあったそうです。


 村の集会場で観た『明治天皇と日露大戦争』(1957)では明治天皇に扮して画面の中央にいました。「これは鞍馬天狗だ」と思った記憶があります。


 和田誠編『日本の名随筆 別巻63 芸談』(作品社)に竹中労著『聞書アラカン一代=鞍馬天狗のおじさんは』(白川書院)の抜粋が出ています。


 <「寛寿郎クン、明治天皇をやってほしい」。へえッ、乃木さんやおまへんのか! そらあきまへんな、〝不敬罪〟ですわ。右翼が殺しにきよります、ワテはご免をこうむりたい。「大丈夫や、ボクかて右翼やないか」と監督すずしい顔をしとる、体はこまいが肝ッ玉は太い。>


 <空前の大ヒット、封切りで八億円稼いだ。ワテ新橋の料亭に呼ばれた、「寛寿郎クン、ご苦労でした」と十万円。これボーナス、八億円稼いで十万円や。ゼニ残す人はちがいますな、アセモ代もろうて戻ってきた。宣伝部がまたきた、東劇で凱旋興行をやる。衣裳をつけて挨拶に出ろと社長がおっしゃっとる。ははーあの十万円、ギャラやったんかいな。すまんがそらお断りや、皇室を利用してゼニもうけてもかめへん。ワテの知ったこっちゃない、せやけどすこしは遠慮しなはれ、明治天皇サンドイッチマンにする了見か、それで沙汰やみ。>


 愉快な話の連続です。語り口のおもしろさに引き込まれます。映画での立ち姿や立ち廻りの鮮やかさとはまた違った、味わいがあります。晩年の「寅さん」映画での殿様役のアクの抜けた姿が思い出されます。



nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

似顔絵という世界 [読書]

  和田誠の新しい似顔絵や挿絵が見られなくなったのは寂しいかぎりです。新聞や雑誌、本の装丁や表紙など、いつも身近にあったイラストが無くなるのは不思議とも感じられます。それだけ長い間、知らぬまに彼の描く似顔絵の世界になじんでいたのでしょう。


似顔絵物語 (白水uブックス)

似顔絵物語 (白水uブックス)

  • 作者: 和田 誠
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2006/12/01
  • メディア: 単行本
  •  和田誠(1936-2019)は小学生のとき、担任の先生の話から、新聞の清水崑の政治漫画を見るようになり、似顔絵を描くようになったそうです。中学・高校のころは授業中ほとんど先生や同級生の似顔絵をノートに描いていたとのことです。
  •  中学生から映画にも熱中し、高校生では雑誌「映画の友」のスタアの似顔絵投稿欄に、毎月、投稿するようになる。多摩美大・図案科に入り、三年生のとき応募した映画ポスターで日本宣伝美術会賞を受賞し、すぐに講談社からコラムの似顔絵の注文がきたそうです。
  •  美大卒業後、デザイン会社に就職。1966年に『吉行淳之介軽薄対談』(講談社)の装丁と挿絵を依頼される。1968年からフリーになり、「週刊サンケイ」の表紙に似顔絵を描くようになる。第1回は野坂昭如。
  •  <「週刊サンケイ」最大の思い出は七〇年十一月の出来事でした。・・・アパートの入口にサンケイの記者が待っていて、「何やってたんですか。早く部屋に入って下さい」と大声で言うんです。ドアを開けようとすると、「早くテレビをつけて」と言う。せっかちな人だなあと思って「何事ですか」と聞いても「いいから早く」とせきたてる。・・・自衛隊に三島由紀夫が乗り込んだというニュースをやっている。実況です。「あれー、どういうわけだ」とぼくがテレビを見ると、「早く描いてください」と言うんです。「早くって何を」「決まってるじゃないですか、三島さんです」・・・彼の勢いに押されて、三島さんを描きました。楯の会の制服を着て日の丸の鉢巻きをしている姿です。>
  •  『似顔絵物語』には和田誠の小学校低学年ころに描いた似顔絵から始まり、たくさんの似顔絵が掲載されています。清水崑、岡本一平、山藤章二、宇野亜喜良、横尾忠則、安西水丸などの描いた似顔絵もでてきます。和田誠の軽妙な語り口で似顔絵が時代の雰囲気とともに楽しめます。
 
 


nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

出かけてみたい場所 [読書]

  どこかへ出かけようと思ったとき、どんな判断で行くところを決めるかは、人それぞれでしょう。いつも決まった場所に出かけるひと、いままで行ったことのない所から選ぶひと。また、何か対象を決めて、鉄道を乗りまわるひと、街道・古道・細道を歩くひと、お寺巡りをするひと、城をめぐるひと。


 むかし、レンブラントの絵をすべて観てしまうつもりだという人と旅行で一緒になったことがありました。その後、年賀状のやりとりをしていましたが、毎年、各地の美術館に出かけ、何年かして、年賀状に全部観たと書いてきました。45年ほど年賀状だけの付き合いが続きましたが、一昨年だったか、出した年賀状が返ってきました。どうしたのか・・・


 イラストレーターの安西水丸(1942-2014)の『ちいさな城下町』(文春文庫)は「旅の楽しみの一つとして、何処か地図で城址を見つけ、そこを訪ねることがある。」とし、北は天童市から南は新宮市、東は三春町から西は朝倉市まで、21の城下町に出かけた旅行記です。「ぼくの城下町の好みは十万石以下あたりにある。」というように村上市、行田市、土生町、西尾市、沼田市といった、あまり城下町としての印象も、場所もはっきりしない町の話が、彼の挿画や身辺雑記とともに載っています。


 飯田市(長野県)の項は <父親は女のことで母を困らせたという。祖父を継いで建築家なった父は、建築家よりも画家になりたかったらしい。子供の頃から絵を描くことが好きだったぼくに、母は口を酸っぱくして言った。/「お願いだから絵を描く人にだけはならないでくださいね」> といった話から始まり、父親の残した絵のなかに赤穂浪士の赤垣源蔵を描いた絵があったことにおよび、源蔵が飯田藩士の子として生まれていることから、彼の生誕地を訪れる旅になる。


 ちなみに、源蔵は藩主の国替えで播磨竜野に移り、次男だったので後に、浅野家家臣赤垣氏の養子になり、赤穂浪士の事件に行きあう巡り合わせとなったそうです。


 安西水丸は本名、ワタナベ ノボルだそうです。どこかで聞いたような名前です。「三春町・二本松市」の稿が2014年2月号の雑誌に載り、同年 3月に彼は他界しています。『ちいさな城下町』(文藝春秋)が刊行されたのは没後です。この本には彼の生い立ちの話がたくさん出てきます。思うところがあったのでしょうか。




ちいさな城下町 (文春文庫)

ちいさな城下町 (文春文庫)

  • 作者: 安西 水丸
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/11/10
  • メディア: 文庫


 

nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ハーディの小説 [読書]

  高校生の時、英語の授業で T.ハーディの短篇小説「羊飼の見た事件 What the Shepherd Saw」を読んだ記憶があるのですが、巨石遺跡が舞台だったというくらいで、話の筋はよく覚えていません。


 大学生の時、同作者の『ダーバヴィル家のテス』を読んだのですが、ロマン・ポランスキー監督の映画『テス』を観て原作を読む気になったのだと思っていましたが、調べてみると映画は 1980年公開なので、順序は逆で、小説を読んでいたので、映画を観に行ったようです。


 1985年に買った『ハーディ短編集』(河野一郎訳 新潮文庫)が本箱にあったので、思いついて「羊飼の見た事件」を再読してみました。何ということもない 19世紀的なお話しでした。羊飼の少年が夜中、寝ぼけまなこで小屋の窓から外を覗いていると、月光に霜の結晶がきらめく草原のなか、巨石遺跡のそばで、殺人事件が起る。


 10代だったわたしにとって、そのオドロオドロしい情況が強く印象に残ったのかもしれません。教科書に載っていた小説や副読本で読んだ本は、なんとなく記憶に残っているものです。


 そういえば高校生の時に英語の授業で、J.B.プリーストリーの『Delight』というエッセイ集を読んだのですが、その中に、トルコ産の海泡石のパイプというのが出てきた記憶があって、40代のころ、同僚がトルコへ出張するというので、買ってきてもらいました。ただ、一回も使わないまま置いているうちに、禁煙してしまい、棚の隅で黴びたようになっています。


 人間は案外、若い頃に読んだ本とか映画とかに、内容は忘れ、記憶は混乱していても、影響されて、暮らしているのかもしれません。


 思いかえしているうちに「羊飼の見た事件」を読んだのが、本当に高校生の時だったのかどうかすら怪しくなってきました。



 


 

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感