So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

武漢のこと [雑感]

   新型コロナウイルス感染症のアウトブレークで、武漢という都市がマスコミに連日取り上げられています。また、なぜ、こんなにたくさんの武漢の人が、日本に来ているのかと不思議に思っていましたが、武漢は人口一千万人以上の巨大都市だそうで、武漢都市圏でみれば三千万人もの人が住んでいるそうです。


 一年ほど前、横浜に住む姪と話していると、自動車会社に勤めているご主人はスペイン、ロシア、韓国などへ転勤し、姪もそれに付いて行っていたそうですが、今は武漢の近くに居るのですが、環境が良くないので、家族は帯同できず、ときどき姪が武漢のホテルまで出かけて行っているとのことでした。(現在は、ご主人も帰国しているようです。) その時、武漢という名前を初めて聞いたような気がします。


 中国には 14億人が住んでいますが、P.モーランド『人口で語る世界史』によれば「死亡率が低下し人口が増えたのちに出生率が低下して人口が安定するという、典型的な人口変化の経過をたどっている」そうです。1945年から平均寿命は毎年6カ月ずつ伸びた計算になるようです。


 ただ、一人っ子政策もあり、少子高齢化が進み、2030年までに中国の人口は 15億人くらいで頭打ちとなり、減少し始めると予測されるそうです。それに対し、2020年代半ばにインドが中国を追い抜くそうです。


 SARSにしろインフルエンザ、今回の新型コロナウイルスにしろ、なぜ中国なのか ? という疑問があります。とてつもない人口が野生動物と密着して暮らしているという生活形態が関係しているのでしょうか ?  いずれにしても早く効果のある薬を特定してほしいものです。




nice!(12)  コメント(0) 

未来予想図 [読書]

  先日、退院しましたが、白血球数が回復するまでは外出は控えるようにとのことなので、自宅で本を読んだり、体操をしたり、音楽を聴いたりして過ごしています。新型コロナウイルスの感染が拡大しているので、インフルエンザも含め人混みに出ない生活は丁度良いかと諦めています。


 入院中に読んでいた P.モーランド『人口で語る世界史』(渡会圭子訳 文藝春秋)に日本に関する記載がありますが、日本の特徴として


 <日本はいくつかの点で他の国とは違っている。アメリカや西ヨーロッパは差し迫った人口減少を、第三世界(西ヨーロッパの場合は東ヨーロッパからも大量の移民が流入している)からの移民である程度補い、それが人口の民族構成に影響を与えている。>


 <日本と西洋のはっきりした違いが移民ならば、日本とロシアのはっきりした違いは平均寿命である。ロシアの人口が減少している要因は、高いままの死亡率と低い出生率だが、日本の場合、平均寿命の延びが出生率の低さを相殺して、人口減少は遅れている。今後も日本人の平均寿命が延び続けなければ、人口減少は速まるだろう。日本は民族的にはほとんど同質だが、どんどん老いているということだ。>


 <今世紀半ばには、日本の人口は八千万人(現在の三分の二未満)まで減少する可能性がある。>


 極限の少子高齢化社会がどんな姿なのか・・・、年金制度の破綻、医療・介護保険制度への負担、地方社会の消滅、GDPの低下、3K仕事は高齢者、AI・ロボットの進出、移民の受け入れ、国の形の変質・・・いろんな可能性が思いうかびますが、こんな時こそ先を見据えた有能な政治の舵取りが望まれます。


 明日から2月、立春も近くなって気分も少し明るくなります。





nice!(12)  コメント(2) 

入院中の読み物 [読書]

  まだ入院中ですが、外泊で自宅に帰っています。明日の検査結果が問題なければ近日中に退院の予定です。治療後数日間は体がだるく、吐き気もあって沈んだ感じですが、1週間もすれば回復しました。


 夕食が過ぎると、朝までが長く、時間を持て余しますが、本を読む気力もなく、ただただ寝ていましたが、ここ数日、P.モーランド『人口で語る世界史』(渡会圭子訳 文藝春秋)を読んでいます。昨年末の新聞の書評欄でみかけた本です。人口の増減、出生率、死亡率、移民といった因子で分析した歴史の解釈で、興味深く楽しめます。ブリテン、ドイツ、フランス、ロシアなどの人口増加の規模と時期のずれが、各国に恐怖心を与え、時代が動くさまが詳細に語られています。


人口で語る世界史

人口で語る世界史

  • 作者: ポール モーランド
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/08/29
  • メディア: 単行本
  以前、河野稠果『人口学への招待』(中公新書)を読んで、「人口」というもののおもしろさを教えられましたが、今度の本は各論的で具体的なだけに、日本が人口減少時代に突入し、毎年、ひとつの地方都市が消滅するのと同じような感じになっている現状に、どうなるんだろうと不安になります。もう少しさきのページに日本の分析があるので興味が持続します。
   はれて今週は退院かな・・・。

nice!(11)  コメント(3) 
前の3件 | -