SSブログ
前の3件 | -

柔道観戦の楽しみ [雑感]

 柔道は一度もやったことが有りませんが、ここのところ毎日、夕方のテレビで、オリンピックの柔道観戦を楽しんでいます。敗者復活戦、準決勝、3位決定戦、決勝と熱戦が続きます。相撲は1日1番、水泳も予選、準決勝、決勝と日が別れていますが、柔道は1日に何回も試合があるのには驚きます。延長戦で疲れ果てても数時間後には次の試合があります。選手たちの闘争心の旺盛さに感服します。


 大学生のころ、わたしは剣道部に属していたことがありますが、入部して半年ほど経ったころ、先輩から昇段試験を受けてくるよう言われ、試験場に出かけました。対戦相手は警察関係の人でした。どうも相手を叩く気持ちが湧いてこず、自分には闘争本能に欠けるところがあると分かりました。結果は勿論、不合格でした。


 柔道といえば、「姿三四郎」という言葉がすぐ思い浮かびます。小説の主人公ですが、黒澤明の映画やテレビドラマでおなじみです。柔道を通じての心の成長の物語です。柔道にはいつも精神性ということがまとわり付いています。1964年の東京オリンピックの後には、オランダのヘーシンクに負けた日本国民の心の傷を癒すように、美空ひばりが唄った『柔』という歌が流行りました。


   勝つと思うな 思えば負けよ

   負けてもともと この胸の・・・


 テレビを見ていると、フランス、イタリア、ロシア、コソボ、モンゴル、ジョージアなどいろいろの国の選手が登場します。それだけ柔道が普及している証拠なのでしょう。そういえばロシアのプーチン大統領も柔道をやっていたと聞いた覚えがあります。闘争心は旺盛に見えます。


 柔道のように直に他人に触れ、相手の息づかいを感じながら、力を込め、技を競うというのは人間として、最も原初的な行いと思われます。選手たちの相手および自分との戦いの様子が画面を通して伝わってきます。戦いが全人的であるという意味で、精神的でもあります。あと何日かテレビの前で楽しめます。



nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

東京オリンピックの記憶 [雑感]

 オリンピックが始まりました。今回は最初から種々の不手際が多く、コロナ禍もあり盛り上がりに欠けるようです。前回の東京オリンピックは 1964年で、わたしは高校1年生でした。51歳だった母親は東京にいた長男に呼ばれて、チケットの取れた、何だったか名前の知れない競技の観戦に出かけていました。多分、出来たばかりの新幹線にも乗ったのでしょう。


 10月10日の開会式では延々と続く各国の選手団の入場の様子を珍しげに観ていた記憶があります。田舎の高校生ですから、こんなに多種類の外国人など見たことも無かったことでしょう。テレビは白黒だったはずですが、後から見た画像の影響かトラックの煉瓦色が目に浮かびます。


 三宅義信選手の活躍で重量挙げという競技を知りました。何か白い粉を手につけてバーベルを挙上するだけの運動ですが、なぜか引き込まれて見続けてしまいました。まるで一人芝居の演者のようでした。オリンピックで初めて知ったというスポーツは、その後もいくつかあったと思います。


 体操では遠藤幸雄選手のつり輪が思い出されます。つま先までピンと伸びた十字懸垂の姿です。それにしても現在の選手は、なぜあんなにも捻ったり、手を離したり出来るのか不思議です。女子ではチャスラフスカというチェコスロバキアの選手の気品のある演技は東京五輪の華でした。




 ヘーシンクに勝てなかった日本柔道、サロメチールをこめかみに塗って走るハードルの依田郁子、マラソンのアベベ、競技場内で抜かれて3位になった円谷幸吉、女子バレーボールのニチボー貝塚、谷田のアタックや回転レシーブなど、断片的な映像が 57年経っても蘇ります。それだけ印象が強かったのでしょう。


 オリンピックがすんで1年半後、わたしの通っていた高校に体育館ができ、杮落としにバレーボールのニチボー貝塚 対 鐘紡四日市の試合が行われました。びっくりしたのは、何よりも選手たちの肌の白さでした。それまで運動部の選手といえば色の黒い人しか知らなかったのでしょう。


 ここに出てきた選手たちは、わたしより十歳前後年上ですが、調べてみると三宅義信以外、遠藤幸雄もチャスラフスカも、ヘーシンクも依田郁子も谷田も、皆んないつの間にか、他界されていたのは意外で、残念な気持ちがします。


 今度のオリンピックでも、何十年経っても記憶に残る選手がたくさん現れるといいですね。



nice!(22)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

小説を読み解く [読書]

   川本三郎が『『細雪』とその時代』(中央公論新社)という本を出したので、楽しみに読んでいます。谷崎潤一郎の小説『細雪』の世界を、色々の切り口から眺め、どんな時代であったか、どんな場所であったかと、小説の背景を解き明かす期待にたがわぬ読み物です。


 『細雪』は昭和 11年(1936)から 16年にかけての大阪、芦屋、神戸、東京などを舞台にした、大阪・船場の没落した旧家、蒔岡家の四姉妹を中心とした物語です。


 「船場」というのは <豊臣秀吉が大坂城を築城した時、商人たちを集めて作った町。東は東横堀川、西は西横堀川、南は長堀川、北は土佐堀川に囲まれ、碁盤の目のように整っている> 大阪では由緒ある商業地のことです。船場を南北に貫いているのが大通りの堺筋です。


 大正 12年(1923)の関東大震災の後、大阪は大正 14年には人口 211万人を数え、東京市を超え全国一となり、一大産業都市に発展します。昭和元年の全国総生産額では阪神工業地帯が 30.2%を占め、京浜工業地帯は 18.1%だったそうです。


 結果、大阪は煤煙の町となり、居住に適さなくなり、大きな商家では環境の良い郊外として、六甲山の麓、阪神間に居宅を移すようになったそうです。職住分離です。東京・日本橋生まれの谷崎も横浜に居て、大震災で被災し、関西に移住し阪神間に住むようになります。


 谷崎はそこで、隣家に住む船場の綿布問屋の夫人・松子と知り合い、結婚することになります。『細雪』は松子夫人たち四姉妹をモデルにして、昭和17年に書かれ始めます。話は内気な三女・雪子の見合い話と活発な四女・妙子の恋愛模様を中心に展開します。


 当時、神戸にはロシア革命(1917)を逃れてやってきた白系ロシア人が多くいたそうです。洋菓子の「モロゾフ」、「ゴンチャロフ」などはそんな人たちが開いた店です。『細雪』では四女・妙子と関わるカタリナというロシア人女性が出てきます。また次女夫婦の住む芦屋の家の隣人はドイツ人一家で、両家の子供達の交流と別れも描かれます。小説には南京町も登場し、海外に開かれた都市としての神戸が印象的に取り込まれています。


 川本三郎は丹念に証言を拾い集め、『細雪』の時代背景と場所の意味をジグソーパズルのように埋めてゆきます。四女・妙子は自立のために洋裁を習い始めますが、<大正十年には三越が女子店員に制服を定めるなどして、働く女性は洋服を着るという流れが作られていった。>という和服から洋服への移行の時代であり、ちょうど昭和 12年には、神戸市東灘区に「田中千代洋裁研究所」が出来ており、小説のモデルになっているそうです。


 映画批評家の淀川長治は神戸・新開地近くの生まれですが、姉が三宮で美術品店をしていて、若き日の淀川長治は店の手伝いをしており、谷崎もしばしば訪れていたそうです。また、三宮には谷崎が名付け親となった「ハイウエイ」というレストランがありましたが、そこの店主が実際の松子夫人の妹の恋人だったそうで、小説では四女・妙子の病死する恋人のモデルになっています。


  こんな話題が次々と出てきます。『細雪』は連載第2回で、「時局にそわぬ」として軍部により発表を停止させられますが、谷崎は疎開先を転々としながら、発表のあてのない原稿を書き継いでいたそうです。


 戦後、谷崎は「別冊文藝春秋」に「創作余談」として、<最初の考へでは、蘆屋の不良マダムの話をもつと入れる筈だつたが、時世がだんだん嶮(けわ)しくなつて、それを一切書くことが出来なくなつたので、極く甘いものになつてしまつた。その点私としては甚だ不満であつた> と書いているようです。時節によって、また違った『細雪』の可能性があったというのも面白い話です。




『細雪』とその時代 (単行本)

『細雪』とその時代 

  • 作者: 川本 三郎
  • 出版社: 中央公論新社
  • 発売日: 2020/12/08
  • メディア: 単行本

nice!(23)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -