SSブログ
前の3件 | -

海馬と遊ぶ [雑感]

 ウクライナの戦況をテレビで見ていると、「正露丸」のことを思い出しました。特有な臭いのする丸薬を子どもの頃に呑まされました。大人になって知ったのですが、明治時代、日露戦争に出征する兵士に、食あたり水あたりの薬として携帯させたそうで、「征露丸」という名前だったそうです。


 戦後になって対外的に不穏当だろうと、「征」の行にんべんを取って「正露丸」と改名したのだそうです。


  実家が薬関係の仕事だったので、虚弱ぎみだったわたしは色んな薬を呑んだ記憶があります。なかでも熱が出て下がらなかった時に、サイの角の粉末である「犀角」というのを呑まされたのを覚えています。本当にサイのツノだったかは不明です。


 そういえば「龍角散」というのがありますが、名前からタツノオトシゴが入っているのだろうかと見てみると、杏仁、甘草などの植物性生薬で出来ているようです。


 タツノオトシゴ(hippocampus)は漢字では海馬と書かれ、薬として用いられた歴史があります。内臓を取り除き天日干ししたものだそうです。薬種商であった祖父の家の軒先にはマムシが何匹も干してありましたが、タツノオトシゴは見た記憶はありません。


 人間の脳の中にも海馬と呼ばれる部位があります。記憶に重要な働きをしており、アルツハイマー型認知症に関与していますが、部位の形がタツノオトシゴに似ているのだそうです。


 歳をとると何につけても色んな記憶が蘇ります。いわば自分の海馬で遊んでいるようなものかも知れません。



 

nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

コケって何? [読書]

 本を読んでいると、これは何と読むのだろうという漢字に出会うことがあります。先日も「虚仮」という文字がありました。< わしを虚仮にしおって・・・> という文章です。前後関係から「コケ」だろうとは思うのですが、では「虚仮」とは何だろうと辞書*を引いてみました。


 コケ【虚仮】(名・形動)(一)〔仏〕実体がないこと。また、真実でないこと。(二)考えのあさはかなこと。おろか。(無名抄)。(接頭)むやみにそうする意を表す。「一未練」《一に・する》ばかにする。一おしみ【一惜(し)(み)】をしみ むやみに物惜しみをすること。一おどし【一《威(し)】(一)浅薄なおどかしかた。「検校の居間に一と筋一(柳樽)(二)外見はもっともらしいが、中身はたいしたことがないこと。(後略)


どうも元々は仏教用語のようなので、仏教辞典**も見てみると・・・


 虚仮 こけ 漢語としては, 実の伴わないこと, いつわり. 用例は『墨子ぼくし』修身に見える. 仏典では, 真実の反意語であるが, 文脈によって二義がある. 一は, 虚空こくうと同じく, もろもろの事象が空虚で実体性を欠いていること(如来不思議秘密大乗教5など). 二は, 虚妄こもうと同じく, 心や行為が真実でないこと. うそ, いつわり(維摩教菩薩品). 外に善を装い, 内に虚偽こぎを懐いた行為を《虚仮之行こけのぎょう》という(観経疏4)(後略)


 こんな難しい言葉が、どんないきさつで誰もが使う日常語になったのか不思議です。お坊さんの説教にでも出てきたのか、また、歌舞伎か落語のセリフで広まったのでしょうか?


 落語の「こんにゃく問答」は旅の禅僧とこんにゃく屋のやりとりで笑わせますが、噺を作ったとされる幕末の二代目 林家正蔵は元は僧侶だったそうです。してみれば、いつの頃か、「虚仮にしおって!」と舞台か高座でしゃべった芸人もいたかも知れない、と想像するのも楽しい空想です。


*『新潮国語辞典 第二版』(山田俊雄 築島裕 小林芳規 白藤禮幸 編集 新潮社)

**『岩波 仏教辞典』(中村元 福永光司 田村芳朗 今野逹 編 岩波書店)





nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

島の夏祭り [雑感]

 夏になると村はずれの海岸にある神社の夏祭りを思い出します。夕暮れになると父親を「早く!」と誘って出かけました。夜店のアセチレンの明かりと臭いが小さな境内にあふれていました。ギョウセン飴をノミで割って売る店、氷と塩の中で筒を回しながら作るアイスクリン、お面を並べた店、金魚すくいなど心をときめかせました。郷里・淡路島でのことです。当時、父親は 40代だったはずです。


 神社は「枯木さん」とよんでいましたが、正式には枯木神社でした。御神体は「枯木」だと聞かされていました。その枯木につかまって静御前が流れ着いたのだと教えられたように思うのですが、どうも怪しいようです。


 「日本書紀」巻第二十二(推古天皇)には < 三年、夏四月、沈香(じんこう)が、淡路島に漂着した。その大きさは一囲(ひとかかえ)。島人は、沈香とは知らずに、薪といっしょに竈(かまど)でもやした。その煙が遠くまで薫(かお)った。そこでふしぎにおもい、献じてきた。*> と記載されています。


 枯木神社の枯木は香木の沈香だったようです。推古三年といえば 595年です。香木は朝廷に献上したとあるので、今の御神体との関係は不明です。


 何年か前の同窓会で聞いたところでは、夏祭りはもうやっていないようでした。地区の同級生は何とか孫たちに夏祭りを見せてやりたいと復活を模索しているようでした。帰郷のおり車で神社のそばを通りますが、子どもの頃、夜店がいっぱい並んでいた境内が、今見るとあまりにも狭いのに驚きます。


*『原本現代訳 日本書紀(中)』(山田宗睦 訳 ニュートンプレス)


nice!(27)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -