SSブログ

詩の可能性 [読書]


 現代詩との出会いは、30代の詩人・田村隆一が書き、10代のわたしが脳裏に刻んだ詩句・・・



   雪のうえに足跡があった

   足跡を見て はじめてぼくは

   小動物の 小鳥の 森のけものたちの

   支配する世界を見た

   たとえば一匹のりすである

   その足跡は老いたにれの木からおりて

   小径を横断し

   もみの林のなかに消えている

   瞬時のためらいも 不安も 気のきいた疑問符も そこには

   なかった


   また一匹の狐である

   彼の足跡は村の北側の谷づたいの道を

   直線上にどこまでもつづいている

   ぼくの知つている飢餓は

   このような直線を描くことはけつしてなかつた*

                    (後略)



 しかし 16年が経って、田村隆一は詩集『誤解』(集英社1978年刊)に書き付けます。



   ぼくの不幸は抽象の鳥から

   はじまった

   その鳥には具象性がなかった

   色彩も音もなかった

     (中略)

   ぼくは幻を見る人ではない

   幻を見たかつただけだ

   空から小鳥が墜ちてくる

   この空も

   あの小鳥も

   抽象にすぎない

   空と小鳥が抽象だつたのは

   ぼくの不幸だ

   不幸を大切にする以外に

   ぼくにはぼくの生を見つけることができなかつた

   不幸が抽象性からぬけ出して

   色彩と音を生み出してくれるまで**

       



 人が青年から壮年に変化してゆく過程が語られています。確かに多くの青年の不幸は抽象的なものだと、振り返ることが出来るかも知れません。では壮年の具象的で具体的な生活の中で、詩を書き続けることは可能なのでしょうか? 田村は 1980年刊行の詩集『水半球』(書肆山田)では・・・



   坂口謹一郎博士に

   「何處へ行くかわれらの酒」

   というエッセイがある

   

   酒の行方も分らないくらいだから

   詩の行方だって分かりようがない

   古代の濁り酒は

   米を口中にふくみ乙女の唾液で発酵させたそうだ

   晩秋初冬


   信濃川と魚野川の合流するところ

   小千谷(おじや)の町があって

   その古い町並を歩いていたら


   西脇商店という小千谷ちぢみの

   老舗があって大番頭さんから名品を見せてもらった

   値段のつけようもない反物で


   原料は苧麻(からむし)の靭皮からとった

   青苧(あおそ) その糸も乙女の唾液で横糸と

   縦糸とが生れるという


   われらの詩は神の唾液か

   悪魔の唾液か

   大量殺戮の時代に生れあわせたわれらの詩には


   乙女の唾液はもったいない

   何處へ行くかわれらの死***



 こんな自嘲的な詩句が載せられています。56歳の詩人の苦闘です。和歌、短歌、俳句ではなく、詩が表現する世界が、世間でそれなりの領域を占め得ているのか、今は疑問です。島崎藤村の『若菜集』から 120年しか経っていませんが、詩人たちはどこにいるのでしょう。



*  詩集『言葉のない世界』1962年刊「「見えない木」

** 詩集『誤解』1978年刊「物と夢について」

***詩集『水半休』1980年刊「何處(いずこ)へ行くかわれらの詩」


#「詩人のたそがれ」https://otomoji-14.blog.ss-blog.jp/2023-09-11


田村隆一詩集 (現代詩文庫 第 1期1)

田村隆一詩集 (現代詩文庫 第 1期1)

  • 作者: 田村 隆一
  • 出版社: 思潮社
  • メディア: 単行本

nice!(17)  コメント(2) 

nice! 17

コメント 2

駄洒落好きな庭師

田村隆一の詩で正午、幻をみる人という作品、今も気に入ってます。ブログにて紹介あった同じ本、所蔵しております。

by 駄洒落好きな庭師 (2023-11-05 19:14) 

爛漫亭

 駄洒落好きな庭師さん、最近は現代詩に輝きが
みられませんね。1970年代ごろまでは綺羅星の如く
だったですね。
by 爛漫亭 (2023-11-05 22:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。