SSブログ

映画は読んでいる [読書]

 オードリー・ヘプバーンといえば、先日、川本三郎『映画は呼んでいる』を読んでいると、映画「ティファニーで朝食を」は最初、監督も原作者の T.カポーティも主役にはマリリン・モンローを考えていたと書いていました。

 M.モンローがことわったので A.ヘプバーンにお鉢がまわってきたそうです。そういえば、なんとなく主役の職業とヘプバーンの感じがそぐわないように思えます。ただ、そのチグハグさが良かったのかもしれません。

 猫のシーンも一匹ではなく、いろんな演技ごとに違う猫が演じているそうです。『映画は呼んでいる』はシリーズ四作目ですが、ほとんど知らない映画の話しばかりですが、それなりにおもしろく読めます。見ることもない映画を想像しながら楽しんでいます。



映画は呼んでいる

映画は呼んでいる

  • 作者: 川本三郎
  • 出版社: キネマ旬報社
  • 発売日: 2013/06/26
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0