SSブログ

揚げひばり [音楽]

 春らしい曲だなと思うのは、ヴォーン・ウイリアムズ(1872-1958)の『揚げひばり(The lark ascending)』です。イギリスへは行ったことがないので、どんな風景なのか分かりませんが、遠くの揚げひばりのさえずりを聴きながら、まどろんでいるような気分です。

 彼の曲では『グリーンスリーヴズによる幻想曲』が知られていますが、他にも交響曲が9曲もあったり、いつかラジオで『バス・チューバと管弦楽のための協奏曲』という飄々とした味わいの曲もきいたことがあり、興味深い作曲家です。
 
 万葉集の「うらうらに照れる春日にひばり上がり心悲しもひとりし思へば (大伴家持)」を憶い出します。

 オスのひばりは高くまい昇ってさえずり、自分のテリトリーを主張しているそうです。ひばりにとっては、のどかとはいいにくい情況なんでしょうね。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0