SSブログ

飯蛸の季節 [食物]

 数日前、新聞をながめていると、イイダコが話題になっていました。イカナゴとともに瀬戸内海の春を感じさせる食べ物です。こどもの頃には、鍋一杯に煮て、飽きるほど食べました。

 飯蛸に飯なき春の寒かな

 飯蛸や浪の淡路の浅みどり

 と紙面には高井几董(1741-1789)の句が紹介されていました。与謝蕪村の弟子筋のようです。

 水に落し椿の氷る余寒哉

 という句もあるようです。 1789年といえば、フランス革命の年として憶えていますが、そのころ本邦では飯蛸をシコシコ食べていたのかと思うと、微笑ましい限りです。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1