SSブログ
2024年06月| 2024年07月 |- ブログトップ

生活の中の詩 [読書]


 いつだったか毎日新聞の書評欄に、石垣りん『詩の中の風景』(中公文庫)が取り上げられていたので読んでみました。詩人の著者が、心に残った詩を掲げ、その詩についてのエッセイを付けたもので、50篇ほどの色々な人の詩のアンソロジーともなり、詩の解説でもあり、その詩が著者に及ぼした反響の記録ともなっています。たとえば・・・



     昨日いらつしつて下さい 

                 室生犀星

   きのふ いらつしつてください。

   きのふの今ごろいらつしつてください。

   そして昨日の顔にお逢ひください、

   わたくしは何時も昨日の中にゐますから。

   きのふのいまごろなら、

   あなたは何でもお出来になつた筈です。

   けれども行停(ゆきとま)りになつたけふも

   あすもあさつても

   あなたにはもう何も用意してはございません。

   どうぞ きのふに逆戻りしてください。

   きのふいらつしつてください。

   昨日へのみちはご存じの筈です、

   昨日の中でどうどう廻りなさいませ。

   その突き当りに立つてゐらつしやい。

   突き当りが開くまで立つてゐてください。

   威張れるものなら威張つて立つてください。



 <・・・過ぎた日に帰れるはずはないのに、昨日への道はご存じの筈です、と言われると暗示にかけられ、ついその気になってしまいます。/常識の扉がひらいて、心の踏み込む先の風景が見えてきます。/(中略)犀星氏が女になりかわって、男に出した招待状かもわかりません。/やさしい言葉で、昨日なら何でも出来たはずといわれても、それが出来なかったのが昨日。/昨日なら用意があったけれど、今日も明日もあさっても、あなたにはもうなにの用意もないのですと、突き放す。所詮もどりようのない過去へのご招待。/かなしいような、切ないような、この無情とも思える招きに、私はなぜか応えたくなります。実にしばしば、はい、お伺い致しますと。>



 なるほどと、その解釈のみごとさに頷きます。そして石垣りんさんが、しばしば昨日へ出かけてみたくなると告白し、そうですよね、と取り戻しようのない過去に思いが及びます。



 「石垣りん」という名前は見たことがありますが、その文章を読んだのは今回が初めてでした。1920年に東京・赤坂で生まれ、55歳まで銀行に勤め、その間、詩を書き続け、2004年に他界されています。いわゆる詩人的な放蕩とは無縁だったようで、日常生活の中に詩を見るといった雰囲気で、エッセイからは繊細で豊かな感受性が感じられます。そういえば、昔、こんな詩を読んだのを思い出しました。


     シジミ

         石垣りん

   夜中に目をさました。

   ゆうべ買ったシジミたちが

   台所のすみで

   口をあけて生きていた。

   「夜が明けたら

   ドレモコレモ

   ミンナクッテヤル」


   鬼ババの笑いを

   私は笑った。

   それから先は

   うっすら口をあけて

   寝るよりほかに私の夜はなかった。*



*『日本詩人全集 34 昭和詩集(二)』(新潮社)




詩の中の風景-くらしの中によみがえる (中公文庫 い 139-2)

詩の中の風景-くらしの中によみがえる (中公文庫 い 139-2)

  • 作者: 石垣 りん
  • 出版社: 中央公論新社
  • 発売日: 2024/02/22
  • メディア: 文庫

 

nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

地政学て何? [読書]


 ロシアのウクライナ侵攻以来、「地政学」または「地政学的」という言葉をよく目にするようになりました。なんとなく言葉の雰囲気は分かるのですが、あらためて具体的な内容となると思い浮かびません。そんなおり毎日新聞の書評欄で佐藤優が奥山真司『世界最強の地政学』(文春新書)という本を取り上げ、「・・・傑作だ。アングロサクソン(英米)流の地政学に関する最良の教科書でもある。」と紹介していたので読んでみました。



 著者によれば「地政学とは「地理をベースとした国際政治、外交政策についてのものの見方、考え方」ということだそうです。ナポレオンは「地図を見せてみろ。あなたの国の対外戦略を当ててみせる」と言ったそうです。印象的だった事柄を私なりにまとめてみました。



 地政学において重要な概念として「シーパワー」と「ランドパワー」ということを取り上げていました。海洋での活動に重きを置くイギリスや米国がシーパワーの国で、ロシアや中国はランンドパワーの国。



 ランドパワーの国は歴史的に常に周辺からの侵略の脅威にさらされています。ロシアはモンゴル帝国に250年間近く支配され、ナポレオンやナチス・ドイツに攻められています。中国は周辺勢力による元や清のような征服王朝に支配されています。ロシアは外からの侵略を恐れ、周辺に緩衝地帯を置こうとします。中国は万里の長城を築きました。恐怖のなせる所業です。



 ナポレオンが16年かけてもイギリスに勝てなかったのは、イギリス海峡の制海権をイギリスに握られていたからとのことです。シーパワーとは制海権によって航路、港湾を確保し、物流、兵站、情報などをコントロールする力です。



 かってイギリスや米国はスエズ運河、パナマ運河を支配下に置き、南アフリカ、インド、シンガポール、フィリピン、香港などを支配下もしくは影響下に置き、またインド洋と太平洋を結ぶマラッカ海峡の航行を守り、軍事基地を各地に保有しています。



 海にしろ陸にしろ、ルートとチョーク・ポイント(線と点)も地政学に重要な事項です。道、砦、港、航路など物資や兵隊の移動に欠かせない施設で、各国にとって歴史的に重要視される場所があります。



 たとえばロシアが対外進出しようとする時、バルト海はかつてはロシアの内海で、日本海海戦ではバルチック艦隊が遠征してきました。次に黒海に面したクリミア半島とバルカン半島から地中海へ、アフガニスタン・インド、ポーランドからドイツ、シベリアからウラジオストクという5つのルートがあるそうです。現在はバルト三国もポーランドもEU加盟国になっています。



 なんとなくロシアがウクライナに侵攻した地政学的な誘因が見えるようです。冷戦に敗れ緩衝地帯が無くなり、直にNATOと向き合う恐怖が根底にあるのでしょう。



 中国については、世界の工場となっていますが、人口比でみれば資源大国ではなく資源や食糧の輸入と製品の輸出のため、自由経済システムに依存しています。航路の安定が重要になっており、現在は米国によるマラッカ海峡の保全などに頼っています。中国が南シナ海など航路への進出を企てている理由だそうです。



 日本は海に囲まれていますが、シーパワーの国ではなく、ランドパワー的思考があるそうです。明治時代から陸軍がランドパワーの国であるドイツに学んだ影響で、ロシアの南下を恐れ、朝鮮半島や満州に緩衝地帯を作ろうとしました。



 個人に思考のクセがあるように、国家にも身についた戦略があるようです。米国は第2次世界大戦に勝利すると、次はソ蓮に対抗するために、かっての敵国である日本、ドイツと手を組み冷戦に勝ち、日本がのし上ると関税などで貿易戦争をしかけ、中国がGDPで2位になると対抗措置を採ります。3位と手を組み2位を追い落とすという戦略です。



 著者は1972年横浜生まれ。イギリスの大学で地政学を学んだ国際地政学研究所上級研究員だそうです。世界の動向を理解する上で地政学的な視点というのも参考になると教えてくれた一冊でした。


#「歴史から現在を見る」https://otomoji-14.blog.ss-blog.jp/2024-03-09


世界最強の地政学 (文春新書)

世界最強の地政学 (文春新書)

  • 作者: 奥山 真司
  • 出版社: 文藝春秋
  • 発売日: 2024/04/19
  • メディア: Kindle版

nice!(25)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の蕪村 [読書]


 本棚の奥から引っ張り出した『蕪村句集』*の「夏之部」を眺めていると、いろいろな句が目に留まります。与謝蕪村(1716-1783)という人の言葉への特異な感性が窺われます。


   ほとゝぎす平安城を筋違(すぢかひ)

   すヾしさや都を竪(たて)にながれ川


 京都の町を空から眺めた視点は新鮮で意外性があり、切り口のおもしろさに賭ける俳句の面目発揮です。


   牡丹散りて打かさなりぬ二三片

   ちりて後(のち)おもかげにたつ牡丹かな


 牡丹の花の華麗な姿を散った後や残像として捉える卓越した手腕には感歎するほかありません。


   涼しさや鐘(かね)をはなるゝかねの声

   蓮の香や水をはなるゝ茎(くき)二寸


 鐘の音の余韻や蓮の香が視覚的に表現されています。松尾芭蕉の「岩にしみいる蝉の声」の反響でしょうか。蕪村は生涯、芭蕉を意識していたようです。


   端居(はしゐ)して妻子を避(さく)る暑さかな

   夏河を越すうれしさよ手に草履(ざうり)


 こんな生活感のあるユーモラスな句もあります。「夏之部」を散見しただけで目に留まる句が次々に現れます。変幻自在な視点で生活の中に詩を見つけています。


*清水孝之 校注『新潮日本古典集成 璵謝蕪村集』(新潮社)


 

nice!(26)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

2024年06月|2024年07月 |- ブログトップ