SSブログ

トンボの秋 [読書]

  やっと秋らしい気温になってきましたが、雨が降ったり曇ったり、天候が不順でした。今週からは安定した青空が見られるようです。赤トンボが群れて飛ぶ姿が眺められるかもしれません。


  さわやかに流れて来てはひるがへり

    風にい向ふ蜻蛉(あきつ)の群(むれ)は (中村三郎)


 赤トンボにもいろいろな種類があるようですが、秋によく見るアキアカネは6月中旬ころに水田などでヤゴから一斉に羽化し、その後、不思議なことに平地からは姿を消し、涼しい高原や高山に移動するそうです。色も成熟するまでは淡い褐色だそうです。


 秋の訪れとともに避暑を終え、成熟して平地に下りてきます。赤い雄と一部が赤い雌が一列に連結して飛ぶ姿も見られ、また輪になった姿も見られ、水辺で産卵します。


 アキアカネは羽化後、そのまま暑い平地で過ごすと早く成熟して産卵、孵化してしまい、越冬できない。卵で越冬するために猛暑を涼しい高原ですごし、卵巣の成熟を抑制し、産卵の時期を秋に延ばしているのだそうです。


 氷河期に大陸から南下して、日本各地に分布したタイリクアキアカネが、その後の温暖化で日本列島が大陸から切り離され、取り残されたのがアキアカネなんだろうということです。(唐沢孝一『目からウロコの自然観察』中公新書)


 『日本書紀』では、神武天皇が丘に登り、国を眺め、狭い国だが、蜻蛉(あきつ)が交尾したような形だと言ったそうで、それが秋津洲(あきつしま)という名のおこりだそうです。縦に繋がった形を思ったのか、輪状に繋がった形と見たのかは不明です。(奥本大三郎『虫の文学誌』小学館、山田宗睦訳『原本現代訳 日本書紀(上)』ニュートンプレス)


 トンボは4枚の羽根をそれぞれ個別に動かすことができるそうです(日高敏隆)。蝶々とはまた違った優雅な飛行の姿です。


  現身(うつしみ)のわれをめぐりてつるみたる

    赤き蜻蛉(とんぼ)が幾つも飛べり (斎藤茂吉)



nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 19

コメント 4

tai-yama

郊外の田んぼとか行くと、あっちこっちで飛んでいる姿がとても
綺麗です~。難点はトンボがバイクにアタックしてくると言う(悲)。
by tai-yama (2020-09-28 23:34) 

さっかん

不思議なのですが、こちらでは蝉はいないと思っていたら、秋風が吹き始めてから、鳴き始めました。昨日は殻から抜け出したばかりの蝉にもばったり。もう、夜は寒くて冬が近いとおもう季節なのに。でも鳴き声は至っておとなしく、あの熱風の様な声ではないです。いったいどうなっているのだろう。トンボはどうなんだろうか。。。。
by さっかん (2020-09-29 01:21) 

爛漫亭

tai-yamaさん、トンボはライダーをバッタの
一種と思っているのかも知れません。
by 爛漫亭 (2020-09-29 16:33) 

爛漫亭

 さっかんさん、不思議ですね。ヒグラシ(カナカナ)
のような種類でしょうか。秋のヒマラヤはどうですか?
 インドはコロナが猖獗を極めているようですが、
大丈夫ですか。
by 爛漫亭 (2020-09-29 16:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。