SSブログ

流れは絶えずして [雑感]

 日曜日の夕方に帰宅すると、台所の床に水たまりができていました。雑巾で拭きとっても、隙間からどんどん水が湧いてきます。あわてて水道屋さんに来てもらいましたが、たぶん給湯管にピンホールができているのだろうということで、給湯器を止めると、湧水はとまりました。古い給湯管は銅管を使っていることが多く、経年変化で小さな穴があくことが多いそうです。 風呂には入れませんでした。


 きのうは朝から、あちこち石膏ボードを剥がしたりして、どこで穴があいているのか調べてまわったそうですが、昼になってやっと、この辺だろうと見当がつき、午後に新しいパイプをつなぎました。水漏れで湿気っている所の乾燥を待って、修復工事になるそうです。


 一件の水漏れでも、こんなに手間がかかるのに、地震などでのライフ・ラインの復旧は大変だろうなと、その労苦がしのばれます。


 河出書房新社の『日本文学全集 07』を買ってみました。酒井順子訳「枕草子」、高橋源一郎訳「方丈記」、内田樹訳「徒然草」という内容です。意欲的というか、刺激的というか、キワモノ的というか、しばらく楽しめそうです。「方丈記」を見ると、まず、リヴァー・ランズ・スルー・イットという文字が出てきて、驚きます。


 水道屋さんは壁に聴診器のような器具をあてて、水の流れる音に耳をすませていました。 鴨長明のように。



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

middrinn

ライフラインの復旧は大変なんでしょうねぇ(-ω-、)
その本の読後感など拝読できれば幸甚です(〃'∇'〃)
by middrinn (2018-06-27 07:13) 

爛漫亭

 この全集は池澤夏樹の好みが強く出ていますので、少し辟易しますが、巻によってはおもしろいかもしれません。どんな具合か、楽しみに読んでみます。
by 爛漫亭 (2018-06-27 14:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。