So-net無料ブログ作成

サウンド・オブ・ミュージック [音楽]

 夕方、車に乗っていると、FMラジオで「サウンド・オブ・ミュージック」の特集をやっていました。サウンド・トラックがながれてくるので、映画の場面を思い出します。

 映画は高校2年生(1965年)のときに三宮センター街の大洋劇場で観た記憶があります。いまはそんな映画館はなくなっていますが・・・。

 去年、なんの本だったかを読んでいると、Do-Re-Mi の歌は原詞では「・・・Ray,a drop of golden sun 」となっているところう、ペギー葉山の歌詞では「レはレモンのレ」となっていますが、Re はLemon のRe ではおかしいと書いていました。ペギー葉山ほどのひとでもRとL には無頓着だったのでしょうか。わたしにはまったく分かりませんが・・・。

 こどもたちが、「さようなら、ごきげんよう」の歌を唄いながら舞台から立ち去っていくシーンはハラハラしますし、修道女が車の部品を取り外しておいた機転には笑いがあふれます。

 リチャード・ロジャース作曲、オスカー・ハマースタイン二世作詞というアメリカン・ポピュラー・ソングの黄金時代の最後の輝きだったのでしょう・・・もうすぐロックの時代が始まろうとしていました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0