SSブログ

月と星 [雑感]

 月みれば千々にものこそかなしけれ
   わがみひとつの秋にはあらねど (大江千里)

 Moon river から色々な連想がめぐります。月の沙漠、荒城の月、月がとっても青いから、月の法善寺横丁、月がわびしい路地裏の、月も知ってるおいらの意気地・・・などなど、昭和三十年代ごろまでなら、いくらでもでてきます。

 以前読んだある本に、1960年代になると月に代わって、星が歌われるようになる、というようなことが書かれていたのを思い出します。見上げてごらん夜の星を、星空に両手をあげて、空に星があるように、二人の星をさがそうよ・・・希望には星がふさわしい、月は一つだけれども、星はいっぱいある、星条旗のように・・・時代の変わり目は唄にも現れていたのですね。

 月天心 貧しき町を通りけり (蕪村)

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0